車検・板金・メンテナンスについてのよくある質問

このページではメンテナンスについてのよく頂くご質問を紹介しております。

メンテナンスについてのQ&A

エンジンオイルってなんですか?

自動車の消耗品の中で頻繁に交換が必要なのが、エンジンオイルです。エンジンオイルはエンジンを守るための重要な役割を果たしています。

前の画面に戻る
エンジンオイルを交換しないとどうなるのですか?

エンジンオイルは使用するうちに、エンジン内部に発生した不純物(鉄粉、燃えカスなど)を処理しきれなくなり、エンジン内部の摩擦部分への潤滑を十分に行えなくなります。エンジンオイルの性能低下により、エンジン内部が傷ついたり、焼きつきを起こす原因となり、エンジン自体の性能を著しく低下させます。

前の画面に戻る
オイルフィルター(オイルエレメント)ってなんですか?

エンジンオイル内の不純物をろ過し、エンジンオイルをきれいにします。

前の画面に戻る
オイルフィルターを交換しないとどうなるのですか?

オイルフィルターは使用しているうちに、ろ過した不純物がフィルター内部にたまり、目詰まりを起こします。交換せず使用を続けると、エンジンオイルはろ過されないまま、エンジン内部を潤滑していくので、エンジン内部に破損を与えてしまいます。

前の画面に戻る
LLC(ロング・ライフ・クーラント)ってなんですか?

エンジンは回転し続けることによって、とても高い熱を発生させます。エンジンの高熱を冷やす役割がラジエータ、ラジエータ内に注入されているのが冷却水(ロング・ライフ・クーラント)です。LLCはエンジン内を循環し、エンジンで発生した高熱を吸収してラジエータで放熱させ、エンジンを冷却させまた、金属部分のサビや腐食を防止、冬季の凍結による破損を防ぎます。

前の画面に戻る
LLC(ロング・ライフ・クーラント)を交換しないとどうなるのですか?

LLC(ロング・ライフ・クーラント)は長期間使用を続けると腐食防止性能・凍結防止性能が低下します。腐食防止性能が低下すると、エンジン内やラジエター内を腐食させてしまう恐れがあります。サビが発生し、サビが原因でLLCの通路を詰まらせたり、腐食によりラジエター自体に穴があき、LLC漏れを起こし、その結果、オーバーヒートを起こす原因となります。

交換の目安は車検時(2年に1回)ごとの交換がよいでしょう。近年の自動車は新車時から長寿命で防錆効果が大幅にアップしたLLCが注入されています。そのような車は指定交換年数・距離まで交換しなくてよいでしょう。

前の画面に戻る
ATF(オートマチックオイル)ってなんですか?

AT車はエンジンから発生した動力をミッションに伝えるのに、オートマチックオイル(ATFまたはATオイル)を使用しています。ATF(オートマチックオイル)は変速機のクラッチを滑らかに接続したり、変速機内部の部品を摩擦やサビから守っています。

前の画面に戻る
ATF(オートマチックオイル)を交換しないとどうなるのですか?

ATF(オートマチックオイル)は長期間使用していると、適切な温度・粘度・摩擦が保てなくなり、それが原因で変速時に不自然なショックが生じたり、加速や燃費が悪くなっています。

オートマチックミッションの調子をベストに保つには、2万km毎の交換がおすすめです。

前の画面に戻る
補機ベルトってなんですか?

エンジンに取付けられている補機ベルトは、主にオルタネータ(発電機)・エアコンのコンプレッサー・パワーステアリングのポンプ、車によっては冷却ファンを働せるために、エンジンからの動力を伝えています。

前の画面に戻る
補機ベルトを交換しないとどうなるのですか?

各ベルトはゴム製なので、使用しているうちに摩擦や硬化が進んでどんどん劣化しています。またベルト自体が伸びてくるので、キュルキュルと音が生じます。劣化・伸びた状態で使い続けると、ベルトは切れてしまいます。例えば、オルタネータベルトが切れてしまうとバッテリーを充電しなくなり、バッテリー上がりを起こしてしまいます。

前の画面に戻る

車検についてのQ&A

板金塗装についてのQ&A